Wednesday, August 24, 2016

ヴィーゲラン美術館散歩

ヴィーゲラン美術館はヴィーゲラン公園の隣にある。もともとグスタフ・ヴィーゲランの自宅兼アトリエだったという。隣の建物はEUの旗とどこかの国旗を掲げているので、よく見たらギリシア大使館だった。
ヴィーゲランはノルウェーでは知らない人のない超有名彫刻家だそうだが、名前を聞いてもピンとこなかった。「おこりんぼう」――怒って泣いている子どもの立像を見て、ああこの作家だったか、と言う感じだ。「モノリッテン」の図版は見たことがあったが、大きさのイメージが全然違って、こんなに大きいとは思わなかった。
ヴィーゲラン公園はオスロ西部の住宅地にある広大な公園で、市民の憩いの場だが、オスロ市の依頼によってヴィーゲランがデザインし、そこにヴィーゲランの作品を設置した。その数、なんと212点。実物大の人間像が758体以上あり、特に「モノリッテン」には121体が彫り込まれている。日比谷公園に、ある彫刻家の作品が200点設置される――ありえないことで、想像もできない。のんびり歩いて、おおよそ見たが、まさにロダンの徒ヴィーゲラン、迷いがないというか、徹底しているというか、芸がないというか、ストレートに人間像あるのみ。公園の立像には、1929~43年までかかり、「モノリッテン」完成直後に、文字通り火が消えるように亡くなったようだ。
ヴィーゲラン美術館のほうは、公園に設置するための準備過程が明らかになるように展示されている。その他に、公園以外のヴィーゲラン作品(人間だけでなく、熊や鰐もいた)や、ヴィーゲランがデザインしたノーベル賞メダルの図案とモデルも。
他方、一部の部屋は、「ファゲロス展」だった。1975年生まれのホコン・アントン・ファゲロスという現在の彫刻家だ。イタリアのピエトラサンタという大理石の産地近くで制作しているが、他の彫刻家と違って、自分で大理石を切り出すという。「自分で石を切り出さないと、制作過程に他人の意思が介在することになってしまう」と言う。
自分で切り出した大理石や、ブロンズを使って、古典的な塑像。しかし、古典と断絶している点があって、神やヒーローではなく、普通の人々だけをつくり、日常性を表現する。眠っている3人の赤ちゃん。枕を引きずって歩く男性。少女像。ファゲロスには象徴主義も比喩もなく、淡々と表現する。彫刻には、見る者に語りかける特別のメッセージもない。強いてあげると、壊れやすさ、繊細さ。演劇的効果はなく、静けさを表現する。その特徴はとにかくきめ細かで、おだやかで、繊細で、とびっきりの美しさである。

ヴィーゲランの作品が大胆かつ剛直なのに対して、ファゲロスの作品は緻密で、やわらかで、壊れそうで、凛としている。可憐な少女像は信じがたい繊細さで、大理石と分かっていても、触ると壊れそうに思える。男性が引きずっている枕はじっくり見ても綿でできているとしか思えない。角度を変えて、光の反射で、ようやく確かに大理石だと、納得。天才というしかないだろう。

ムンク美術館散歩

はじめてのオスロで、まずはムンク美術館、それからオスロ大聖堂、王宮、ノーベル平和センターを観光。
ムンク美術館はオスロ中央駅から地下鉄で2駅目、住宅地の中の公園の隅にある。「ジャスパー・ジョーンズとエドヴァルド・ムンク展」をやっていた。
ジャスパー・ジョーンズは1970年代からムンクの画法に学びながら、油彩やリトグラフの技法を鍛えていったという。四季の4作「春」「夏」「秋」「冬」と、4つをひとまとめにした「四季」がいずれも光っていた。テーマとしても、生と死、光と影はジョーンズとムンクに共通という。
ムンクは、「叫び」「マドンナ」「生のダンス」といった代表作と、いくつもの自画像が目立った。ムンクの「叫び」の実物を見たのは30年ぶりくらいだろうか。もっとも、「叫び」の油彩は4作あるそうだ(その他リトグラフ等もいくつもある)。以前見たものと今回が同じかどうかよくわからない。「マドンナ」も5作あるうちの1作が所蔵されているということで、やはり以前見たが、今回と同じかどうか。別かもしれない。
ノーベル平和センターでは、「危険な賞」という展示をしていた。ナチスドイツが欧州を席巻した時期に、ノーベル賞を維持し発展させることの困難がテーマだった。

2階には、常設で、すべての受賞者の写真パネルがあった。入ってすぐに佐藤栄作があったので、取り外せないかとよくよく見たが、無理だった。マルティン・ルーサー・キング、マザー・テレサ、ワンガリ・マータイ、金大中、アウンサン・スーチー、マララ・ユスフザイなどと並んでいた。ルーズベルトやオバマなど、半分はやはり政治権力者たちだ。そのうち、インチキ「積極的平和主義者」が受賞したりしないだろうな。

Tuesday, August 23, 2016

大江健三郎を読み直す(64)大江方法論の鍛錬・変容過程の一コマ

大江健三郎『僕が本当に若かった頃』(講談社、1992年)

短編小説から長編小説へと移行した大江が、『同時代ゲーム』から『M/T』に至る時期に短編小説集を出したことはよく知られ、この時期は長編と短編を適宜テーマや作法によって使い分けていた。本書はその時期の短編集だ。
初読当時はその程度のことしか考えずに読んでいたが、今回読み直して、先ず気づいたのは『「雨の木」を聴く女たち』や『河馬に噛まれる』は短編集と言っても、連作短編集であって、テーマが一貫していたのに対して、本書は連作ではないことだ。その後の『治療塔』や『燃え上がる緑の木』につながるテーマを短編で書いていたのだろう。手法としては、例によって、伊東静雄の詩、ダンテの『神曲』、学生時代に大江が書いたという設定になっている「僕が本当に若かった頃」など、先行するテキストをもとに、それを現在の大江に引き付けて書いている。「文章を書き、書き直しつつ、かつて見たものをなぞる過程でしだいに独特なものを作ってゆく」手法である。当初は、若い学生時代に小説家になってしまったため、初期作品群の後、体験に基づいた小説が書けない、つまりさほどの人生経験を積んでいないことから、大江自身の文学世界を作り出すために、一方で四国の森の世界を舞台としつつ、他方で先行するテキストを設定して読み込むという手法が選択され、鍛えられてきた。
本書に収められた短編は大江が50歳代半ばに書かれたものだ。大江の方法論が確立した後に、『同時代ゲーム』以後、その改編を試みていた時期と言ってよいだろう。その意味でも面白い。

Monday, August 22, 2016

部落差別の解決をめぐる古くて新しい問題

角岡伸彦『ふしぎな部落問題』(ちくま新書)
<二〇〇二年に同和対策事業が終了した。しかし、それは部落差別がなくなったことを意味するわけではない。インターネット上には、どこが部落か、などといった情報が氾濫している。一方、差別を解消しようとする部落解放運動も時を経て、変化を余儀なくされている。「歴史」から学び、「メディア」によって現在を知り、「地域」から未来の方向性を模索する、これまでにない部落問題の決定版。>
目次
第1章 被差別部落一五〇年史
第2章 メディアと出自―『週刊朝日』問題から見えてきたもの
第3章 映画「にくのひと」は、なぜ上映されなかったのか
第4章 被差別部落の未来/継承と挑戦―部落解放運動の転換期
「ふしぎな」という形容がついているが、これは著者の問題意識に由来する。人種民族差別では「差別をなくす」ことが課題となる。障害者差別も「差別をなくす」ことが課題だ。ところが、部落差別の場合、「部落をなくすこと」と「差別をなくすこと」の連関が問題になる。差別をなくすために、部落を残すのか、それともなくすのか、という問題だという。これを著者は「部落解放運動が抱える根本的矛盾」と把握している。
そのために第1章では水平社結成時に遡って、部落をなくすことと差別をなくすことが、当時どのように議論されていたかを見る。第2章では、橋下大阪市長(当時)の出自をめぐる週刊誌報道の経過をたどりなおして、同じ問題を解きほぐそうとする。第3章でも、好評だったはずの映画「くにのひと」が上映中止に追い込まれた事件で、同じことが繰り返されたとみる。そのうえで、第4章では、箕面市北芝の部落の人々が、部落を名乗り、維持しながら、同和対策事業終了後に自主的自立的に展開してきた街づくりを詳しく紹介する。就職、教育、文化、祭りをはじめとする人々の暮らしの中から、北芝の文化を発信し、周囲の地域との交流を深め、今やほかの地域からも支援者、活動家が参加するようになったモデルである。人々がいきいきと輝いている町・北芝の歴史と風景であり、そこにかかわった人々の物語である。
著者の問題関心――「部落をなくすこと」と「差別をなくすこと」の連関――からすると、部落は部落のまま、部落であることを卑下することなく、価値を作り出し、情報を発信していけるはずだ。その好事例として取り上げられた北芝の物語は説得的である。私の知り合いも登場するので楽しく読める。とても重要な問題提起であり、参考になる。
気になる点も書いておこう。
第1に、部落から情報を発信していくことはよくわかるが、そのことによって、それがなければ傷つかずにすんだはずの差別被害にあう場合も想定できる。このことにどう対処するのか。短期的な課題と長期的な課題のズレと再接合の問題だ。
第2に、北芝の素晴らしさを強調すればするほど、それは特殊な事例になりかねない。より一般的に部落差別の解消につなげるための理論フレームを明確にする必要があるのではないだろうか。それぞれの地域の歴史や文化や条件が異なる中で、なにをどのように継承していけるのか。
第3に、「部落をなくすこと」と「差別をなくすこと」の連関を問うことは、差別される側の部落の問題ではなく、差別する側の問題である。もちろん著者はそんなことは十分認識しているし、かつ差別する側と差別される側をいかにつなぐかを実践的に問い続けているのだが、北芝物語に集約される本書では、そこまでの理論展開をしていない。次の著者が待たれる。

Sunday, August 21, 2016

パウル・クレー・センター散歩

もう10数回来ているが、センターはいつも楽しい。毎回、展示が変わる。いろんな企画展が見れる。初めて見る作品が、いつもある。今回も10数点は初めてだった。
1階のホールでは「動きの中の絵画」、動きのある絵画というテーマで、選ばれたクレー作品が展示されている。3月にもやっていたので同じかと思ったら、展示内容は変わっていた。
春、夏、秋の3部構成で、順次、構成を変えるという。全部見る客にはとても贅沢な展示だが、秋は来ることができないのが残念だ。
クレーの作品は小さい中にいろいろな動きがある。矢印を書いた作品は、当時、絵画に記号を使うなんてと不評だったこともあったようだが。今回は展示されていないが、天使シリーズの多くも、右を向いたり、足がステップを踏み始めるところなので、よく見ると動く方向が分かる。植物の絵にしても、生長を示したものが目立つ。そして、ミュジシャンの演奏シーンや、綱渡りのバランスなど。

2階のホールでは「私は画家である」展をやっていた。有名なチュニジア旅行の際の言葉として、「色彩が私をとらえた」とともに「私は画家である」。もちろん、それ以前から画家だったが、チュニジアの光の中で、新たに画家として生まれ変わったクレー。展示は章の年時代から晩年まで、クレーの主張作品を時代順に並べた、入門編だ。こちらには初めてみる作品が結構あった。クレーの全作品9000余のうち4000がセンターにある。長年通っているので、たぶん1000点以上は見たと思うが、まだ見ていないものも多い。また、クレーが使った筆や道具も展示してあった。と思ったら、クレーの絵画技法をいくつかにわけて解説していた。ナイフの使い方、スプレーの使い方、網や、テープの使い方など。後で気づいたが、クレーの指人形が一つもなかったのは、他のどこかで展示しているのだろう。

日本会議の正体に迫る

青木理『日本会議の正体』(平凡社新書)
http://www.heibonsha.co.jp/book/b226838.html
<安倍政権とも密接な関係をもち、憲法改正などを掲げて政治運動を展開する、日本最大の草の根右派組織「日本会議」。虚実入り混じって伝えられる、その正体とは。関係者の証言を軸に、その成り立ちと足跡、活動の現状、今後の行方を余すことなく描く。 反骨のジャーナリストがその実像を炙り出す、決定版ルポルタージュ。>
プロローグ
外国メディアはどう報じてきたか/日本メディアの追随
1    日本会議の現在
2    “もうひとつの学生運動”と生長の家──源流
3    くすぶる戦前への回帰願望──日本会議と神道
4    “草の根運動”の軌跡
5    安倍政権との共振、その実相
抵抗ジャーナリズムの先頭を走る著者による「日本最大の右派組織」「極右」の日本会議論である。日本会議についてはすでに菅野完や俵義文の著書がある。
本書の半分は同じ内容である。日本会議結成に至る歴史――生長の家、長崎大学、元号法制化など、同じことを著者なりの観点で追いかけている。
本書の読みどころは、青木の独自取材の部分である。青木は以下の人々へのインタヴューを紹介している。例えば、杉並区議会議員で、日本会議首都圏地方議員懇談会副会長の松浦芳子。元参議院議員の村上正邦。全共闘運動に対抗して右派団体を作ったが現在は運動から離れている伊藤邦典。師岡熊野神社宮司の石川正人。そして、“右派政界の次期エース”稲田朋美。
これらのインタヴューによって、文書・資料で確認された日本会議の歴史と現在に、それぞれの関係当事者の証言が重なり合って、日本会議という組織の特質が立体的に描き出されている。
青木によると、もっと多くの人々に取材を申し入れたが、日本会議や神社本庁関係からはほとんど取材を拒否されたという。一度は取材を受けると言った人物まで後に取材を断って来たともいう。「あとがき」には、日本会議事務局長の椛島有三からも断られたが、明治神宮会館の「奉祝行事」の際に椛島を見つけて、再び取材を申し入れたが、「最後の最後まで椛島氏は口を開かなかった。応諾の言葉も、拒否の言葉も、あいさつの言葉すらも、まったく発しなかった。一言も、である。私たちとあいさつを交わすことすら拒絶する――そんな強固な意思を示しているかのようだった」という。

青木も述べているが、取材を受けるも拒否するも自由である。だが、日本会議という巨大組織で、現実政治に圧倒的に強い影響を与え、安倍政権を動かしているとさえいわれ、憲法改正を呼号している団体の事務局長の行動としては異様というしかない。ここに日本会議の決定的に重要な特徴がある。

Saturday, August 20, 2016

バーゼル美術館散歩

春はバーゼル美術館が改装中で、一部の所蔵品がバーゼル文化博物館で展示されていた。
工事が終わったので、再び訪れた。従来からの美術館の隣に新館がオープンしていた。「動きの中の彫刻1946-2016」展をやっていたが、あまりぱっとしなかった。モダンアート、コンテンポラリーアートの奇抜さ勝負の作品はもう飽きた感じがする。一方で、動く、揺れる、触れられる、中に入れる、参加型、といった作品が世界中でつくられ、他方で巨大化するのが一般的傾向だ。もう一つは新素材と新技術、特にコンピュータ仕掛けの彫刻の時代。
旧館のほうは常設展だが、以前とはかなり異なっていた。もちろん、基本は同じで、近世から近代の絵画作品が中心だ。展示が追加されたのは、新館のおかげで展示スペースがひろくなったためだろう。宗教画、ホルバイン、ハンス・フリース、ブリューゲル、ドラクロワから、印象派を経て、シュルレアリズム、そして現代へという流れ。クレー、カンディンスキー、ピカソ、ブラック、レジェ、エルンスト、ダリ、シャガールウ。イッテン、マックス・ビルなども展示されていた。また、スイスの画家の作品がやや多い。ベックリンが増えていると思ったら、「生の島」「死の島」「ペスト」に加えて自画像も展示されていた。ホドラー、アンカー、バロットン、セガンティーニ、キルヒナーなども。

キツネのラベルのMaraudeur, Humagne Rouge, Valais, 2014.